HOME > ASPサイト“軽がる” > い〜運転(e-unten)

い〜パスプラン

熱源設備のエネルギー消費量・CO2排出量を最小に近づける運転解析シミュレータです。


ASPのマニュアル・パンフレットをこちらでご覧いただけます。
≫マニュアル・パンフレットダウンロード



い〜運転とは


熱源設備に投入する電気、都市ガス等の一次エネルギーは、負荷が同じでも運転の仕方で大いに変わってきます。
しかし、変動する負荷に対して、一次エネルギーの必要量を算出して、年間のエネルギー消費量やCO2排出量を 計算するには膨大な計算量になります。
熱源設備の運転シミュレータ「い〜運転」は、数理計画法を用いて最適運転結果を算出するとともに、 最適運転を任意に修正して指定の運転によるエネルギー消費量、CO2排出量を即座に計算します。



い〜運転の特徴


エネルギー消費量、CO2排出量の最小値を把握できます。

対象とする熱源システムを最適に運転する方法を数理計画法を用いて解析します。
この解析によって、熱源システムの運転費等の下限値を見つることができます。


運転方法を容易に修正できます

数理計画法により求めた最適運転方策をベースに、運転機器の選定、台数などを変更し、運転計画を修正することができます。その際、最適運転との比較を行い。計画した運転方策の妥当性をチェックできます。。


ほとんど全ての熱源システムに対応可能です。

世の中の建物のほとんど全ての熱源システムの検討が可能です。


豊富な図表による「見える化」は運転計画の策定を容易にします。

機器の運用、時刻別のエネルギーの流れ、エネルギー収支をグラフや表で表示するので運用計画がよく見えます。








い〜運転に関するご質問・ご相談はこちら。
≫お問い合わせはこちら




戻る